藤沢バプテスト教会が初めての方へ

Q1.教会はいつ行けばいいのですか?
毎週日曜日には、朝9時45分から教会学校アッセンブリ―(朝の集い)、10時より全年齢層の教会学校(年代別聖書の学び)、そして11時~12時15分に礼拝を行っています。
日曜日以外にも水曜日朝の祈祷会や、コンサート等のイベントがあります。
詳しくは集会案内やホームページをご覧下さい。
Q2.いきなり教会に行っても大丈夫ですか?
全く心配ありません。
毎週、初めての方がいらっしゃいますが大歓迎です。
Q3.信者でなくても礼拝に出席できますか?
できます。教会はすべての人に開かれています。
現在クリスチャンとして教会に通っている人も、最初から信者ではありません。
どうぞ気兼ねなくご参加下さい。
Q4.教会に行くには入場料などの費用がかかりますか?
一切ありません。
礼拝では献金がありますが、これは参加者の自由意志によるもので,強制ではありません。
Q5.駐車場はありますか?
原則として公共交通機関で来ていただくことをお願いしています。
藤沢駅北口3番バス乗り場から「鵠沼車庫前」2番バス乗り場から「辻堂団地行」に乗っていただき、4つめの「鵠沼(くげぬま)小学校前」で下車し、横断歩道(歩道橋)を渡って徒歩3分です。電車の場合は小田急線江ノ島線「本鵠沼(ほんくげぬま)」駅下車、警察署に向かって徒歩12分です。
ホームページに詳細のガイド地図があります。
Q6.小さい子どもがいるのですが礼拝に出席できますか?
ぜひ、ご出席下さい。
主日礼拝(日曜日の 11:00 - 12:15 )は、託児室で託児室(ナースリー)がご利用になれます。
Q7.車イスで礼拝に参加できますか?
藤沢バプテスト教会はバリアフリーに対応しています。
玄関横及び教育館には多目的トイレもありますので安心してご参加下さい。
Q8.礼拝では何をするのですか?
礼拝ではピアノやオルガンの演奏に合わせ讃美歌を歌ったり、お祈りをしたりします。また、礼拝の中で聖書を読み、牧師が聖書のお話をいたします
Q9.礼拝には何をもって行けば良いのですか?
礼拝には「新共同訳聖書」と「新生讃美歌」を使用しますが、お持ちでない方には貸出用がありますので、手ぶらでいらっしゃっても心配ありません。
Q10.教会に行くとその後しつこく勧誘されたりしませんか?
当教会では初めての方にアンケートのご記入(お名前や連絡先)をお願いしておりますが強制は致しません。また、ご記入頂いた場合でも勧誘の郵便物を送ったり、電話をかけたりするようなことは一切致しません(希望される方にのみ、イベントや集会のお知らせをすることはあります)。
Q11.牧師と個人的に話はできますか?
出来る限り真摯に対応致します。
牧師のスケジュールの都合上、十分な時間を取れない場合もございますので、牧師と個人的にお話をご希望の場合には事前にお問い合わせをお願い致します。
プライバシーにも十分配慮致します。

教会学校について

Q1.「教会学校」とは何ですか?
教会において、礼拝とは別に聖書を共に学ぶ時間です。
年代別のクラスに分かれて、少人数での学びあいの時間をもっています。
Q2.教会学校はいつやっていますか?
9:45 アッセンブリー(朝の集い)
10:00〜教会学校各クラス(小学科・中高科・青年成人科2クラス・牧師クラス)
11:00~礼拝中にナースリー(嬰幼児科)があります。ここでもお祈りをしたり、賛美歌を歌ったり、紙芝居などを見ます。
Q3.教会学校には授業料が発生しますか?
教会学校への参加には授業料はかかりません。
ただし、キャンプなどの行事にご参加頂く場合は実費を頂くことがあります。

バプテストについて

Q.バプテスト教会の「バプテスト」とはなんですか?
キリスト教は大きく分けてカトリック教会、ギリシャ正教会(東方教会)、プロテスタント諸教派に分けることができます。プロテスタント諸教派は、16世紀の宗教改革をきっかけに、カトリック教会から分離し、それぞれ発達してきました。プロテスタント教会の主な教派としては、バプテスト、組合(会衆)、ルター、長老(改革)、メソジスト、聖公会(イギリス国教会)などがありますが、バプテストは聖書に基づいた信仰と、浸礼によるバプテスマを大切にしています。

藤沢バプテスト教会は、日本全国320の教会・伝道所(19/12/20現在)から成る日本バプテスト連盟に加盟している教会です。日本バプテスト連盟は、個人の主体的な信仰を大切にする教会が、協力して伝道に取り組むために、1947年に結成された教会の協力伝道体です。
日本バプテスト連盟リンク:http://www.bapren.jp/
尚、藤沢バプテスト教会は1962年に伝道開始をしていますが、くわしい歩みについては、ホームページの教会紹介を合わせてご覧下さい。

バプテスマ(洗礼、浸礼)について

Q1.バプテスマ(洗礼、浸礼)とは何ですか?
端的に言えば「正式にクリスチャンになる儀式」です。
バプテスト教会では多くの場合、洗礼をバプテスマと呼びますが、これはイエス・キリストを信じて救われたことを神と人との前に表すものです。バプテスト教会では原則、洗礼の形式として「全浸礼」を重視します。 尚、バプテスマには「罪の身が十字架に死に、復活において新しい生命にあずかる」という意味があります。
Q2.バプテスマ(洗礼、浸礼)とは何をするの?
カトリック教会など、頭の上から水を振りかける「滴礼」でのバプテスマを行う教会もありますが、バプテスト教会では全身を水の中に沈める「全浸礼」によって執り行います。
ただし健康上の困難がある場合などはこの限りではありません。
「水に全身を沈める」と言っても、牧師と役員による準備の下、適切な形で行われますからご安心下さい(浸礼自体はほんの2、3秒です)。
Q3.バプテスマ(洗礼、浸礼)を受けたいのですが、どうしたら良いですか?
藤沢バプテスト教会では礼拝時等においてバプテスマの意思表明の後、バプテスマ準備クラスにおいて学びの時を持って頂きます。
牧師までお申し出下さい。
Q4.教会に長く通うにはバプテスマ(洗礼、浸礼)を受けなくてはなりませんか?
バプテスマはご自身がイエス・キリストの愛と救いを信じた時に受けるべきものです。
ご自分の意志でゆっくりとお決め下さい。